ヒトデナカセ

ヒトデナカセ

Thyca crystallina (Gould, 1846)

 アオヒトデ等の腕の裏側に付着している小さな貝。ヒトデに寄生し体液を啜っていることからヒトデ”泣かせ”とつけられたのだろう。ヒトデの歩帯溝の口側から見て右側にのみ寄生するといった変わった特性を持つらしい。そう言われると左側に寄生しているのを探してみたくなる。生きている間は透き通った青色で非常に綺麗だが、貝殻は白色で地味。(古井戸)

柏島;2020年2月28日撮影
PAGE TOP