コトクラゲ

コトクラゲ

Lyrocteis imperatoris Komai, 1941

 ウサギの耳のような形をしたクシクラゲ。大きさは15 cmほどであるが時には20 cmを超える。色彩は様々で、白色、黄色、紫色、桃色などを呈す。クシクラゲの特徴である櫛板は退化しているが、幼生時は櫛板を持っている。底生性で、水深70~300 mの海底に生息する。和名の「コト」は琴に由来するが、和琴ではなく竪琴である。また、種小名の「imperatoris」は皇帝の意味で、昭和天皇に献名されたものである。(戸篠)

コトクラゲの生体(沖縄近海産)
PAGE TOP