コモチカギノテクラゲ

コモチカギノテクラゲ

Scolionema suvaense (Agassiz & Mayer, 1899)

 からだに栄養を送る放射管状にクラゲ芽を作ること、触手の先端が鉤の様に曲がっていることからこの名がある。傘径は1cmほど。大月の海では夏になると出現するが、昼間はほとんど見られず、夜になるとどこからともなく現れる。(戸篠)

PAGE TOP