目﨑 拓真

専務理事・研究所長・事務長

「変人だって?それは最高の誉め言葉だね。夜の海はいつも
ワクワクするよ。」
経歴
  • 1978年10月 東京都生まれ
  • 2001年3月 高知大学理学部自然環境科学科(旧地学)卒業
  • 2003年3月 東北大学大学院理学研究科地学専攻 博士課程前期卒業
  • 2008年3月 東北大学大学院理学研究科地学専攻 博士課程後期
           単位取得退学
  • 2008年4月 黒潮生物研究財団黒潮生物研究所に入所 任期付研究員
  • 2009年3月 東北大学大学院 博士(理学)取得
  • 2009年4月 任期無し研究員
  • 2014年4月 主任研究員
  • 2018年8月 事務長に就任
  • 2019年1月 研究所長に就任
  • 2019年2月 理事・専務理事に就任

研究業績

研究領域や意気込み

産卵観察中!

 東京生まれ・沖縄県と三重県育ち、物心ついたときには沖縄のサンゴ礁の海で泳いでました。父が琉球大学でサンゴ礁地形の研究をしていた影響を受け、サンゴ研究の道へ。黒潮生物研究所に入所し、サンゴの産卵生態の研究に没頭。「世界中のすべてのサンゴの産卵をこの目でみたい」を目標に、ライフワークとして研究しており、夏は毎晩のように潜り続けます。また、産卵観察中に得た卵と精子からサンゴの種苗を作成し、特に希種サンゴの完全養殖を目指す取り組みも行っています。とにかくサンゴのことは何でも知りたい!

有藻性イシサンゴ類に関する研究

有藻性イシサンゴとは?

 有藻性イシサンゴ(以下サンゴ)とは、褐虫藻と呼ばれる藻類を体内に共生しているイシサンゴ類のことで、クラゲやイソギンチャクと同じ刺胞動物門に属しています。日本国内では約400種以上のサンゴが生息しています。
 サンゴの形は、枝状、卓状、塊状、被覆状、円盤状、板状、葉状などに大きく分類されます。波当たりが強いなど環境に応じて、枝が細くなったり、太くなったり、板が厚くなったりと変化します。とても同じ種とは思えないような形になることもあり、ひとつとして同じ見た目のサンゴはなく、見飽きることはありません。

多様なサンゴの形
光合成をしてサンゴに栄養を供給
高知県宿毛市沖の島のサンゴ群集
四国のサンゴの分布状況の変化(1931~2012年)

四国のサンゴ相及びサンゴ群集の分布状況に関する研究

 四国はサンゴ礁のない海域ですが、温暖な黒潮の影響を 受け高緯度ながら多様なサンゴやサンゴ群集がみられます。そのため四国では高緯度に特有な種とサンゴ礁域に多い南方系のサンゴの両方が見られるという特徴があります。これまで研究所では四国で約140種のサンゴを記録し、サンゴ礁のない海域では四国はもっとも多様なサンゴが生息するエリアだという事がわかってきました。また、近年の海洋温暖化で、サンゴの分布範囲が拡大していることが明らかになりました。四国内のサンゴ群集分布は長年の調査から、高知県沿岸のほぼ全域、愛媛県では八幡浜市周辺より南の海域、徳島県では海部郡牟岐町より南の海域に分布することがわかってきました。四国では外洋域、内湾域、島嶼域など地形に 応じた多様なサンゴ群集がみられます。

四国の多様なサンゴ群集景観

卓状ミドリイシ優占
枝状ミドリイシ優占
シコロサンゴ優占
コマルキクメイシ優占

サンゴ類の繁殖に関する研究

 研究所の基幹研究として、2001年の開所以来サン ゴ類の繁殖の研究に取り組んでいます。

〇繁殖生態 これまで約60種以上のサンゴ類の産卵状況を野外で記 録しました。 10年以上の調査記録からミドリイシ類の産卵が種や環 境に応じて、満月以外にも産卵することや、ミドリイシ以 外のサンゴの多くが、1ヶ月に約1回の種独自の産卵パターンをもっていることを明らかにしました。また、高知県では多くのサンゴが下弦に産卵することを明らかにしました。

野外でのサンゴの産卵の記録
高知県のミドリイシ類の産卵と月の満ち欠けとの関係(左)、高知県の産卵が記録された日付(旧暦)(右)
スギノキミドリイシの産卵(研究所前)
クシハダミドリイシの産卵(瀬底実験場前)4K

サンゴ類の温暖化の応答に関する研究

 近年の海洋温暖化で、四国では温帯性の海藻類が減少し、サンゴの分布する範囲や被度が増加してることがわかってきました。加えて、サンゴ礁で見られる南方系のサンゴの加入が四国西南部で見つかっています。 また、四国内でサンゴの分布範囲がより北へ拡大しています。

高知県香南市夜須町のサンゴと海藻の変化
(サンゴが増えて、海藻が減少)
2000年以降に高知県で見つかった南方系のサンゴ
(左:サボテンミドリイシ・右:イタアナサンゴモドキ)

サンゴ類のモニタリング活動

 サンゴの生育状況、白化、オニヒトデの食害、台風によるサンゴの破損などのかく乱を記録し長期的な変化をみるため、研究所では環境省や地元の団体と協力して、四国の33地点で毎年サンゴのモニタリングをしています。調査地点によってはボランティアを募集して、学習しながらモニタリングの体験や担い手の育成をするような活動をしています。

いろいろなモニタリング活動
PAGE TOP