当研究所が行っている研究の一つに造礁サンゴの増殖技術の確立に向けた研究があります。

沿岸を流れる黒潮がもたらす温暖な環境により、日本には世界的にも類を見ない特異なサンゴ群集が発達しています。サンゴが生きる沿岸域は、わたしたち人間の活動が最も大きな影響を与える場所でもあります。近年、海洋環境の変化や沿岸域の環境悪化に伴う造礁サンゴの減少は日本だけでなく、世界的な規模で進んでいます。

これを受けて早急な生息環境の改善や恒久的な保全、そしてより積極的な方法として、造礁サンゴの増殖や人為的な移植による個体群の復元などの必要性が叫ばれるようになりました。しかし、造礁サンゴは陸上の水槽での飼育が難しいため、現在でもその生態には不明なところが多く、人工的な繁殖は困難なのが現状です。

そこで当財団では、造礁サンゴの中でもっとも現存量の多い、ミドリイシ属のクシハダミドリイシを用いて、サンゴを経代飼育するための水槽システムの検討をはじめ、天然での卵の採取と輸送水槽内での初期育成と経代飼育、さらに作成した種苗を海への移植放流する方法の検討などを行い、造礁サンゴの増殖技術の確立に向けた一連の研究を進めています。

サンゴを飼育下で卵から育て、産卵させて人工的に増やすことができれば、より詳しい生態の把握につながります。また、作成した種苗を使って、より厳密で高度な実験を行うことも可能になります。人工種苗を海への移植用に用いることで、環境に負荷をかけることなくサンゴ個体群を復元することができると考えています。

  水槽内で卵から飼育したクシハダミドリイシ

 

四国の沿岸には、夏になるとアカウミガメが産卵のために上陸する浜がいくつか存在します。

徳島県日和佐町の大浜海岸、高知県大方町の入野の浜、土佐清水市の大岐の浜などでは、地元の方々によって産卵回数や卵の孵化状況の調査やウミガメの保護活動が行われています。しかし、十分な調査が行われているのは限られた浜のみで、ウミガメが産卵する浜が四国の海岸線全体の何処にどれくらいあるのかは十分に把握されていません。

そこで当研究所では四国海岸全域におけるウミガメの産卵状況を把握するために、

また、浜の長さ、高さ、奥行きといった浜の規模や、堆積物の粒径、人工物の存在、生えている植物の様子などについて調べ、ウミガメが産卵する浜の環境とは一体どのようなものなのかを

そこで、ウミガメの産卵から見た四国の海岸環境がどのようなものなのかを調べるため、四国の海岸線全体にある調査を行い、それらの環境とウミガメの産卵状況との関係を明らかにする研究を進めています。

現在までに、四国の南岸にあたる愛媛県の城辺町から高知県の芸西村までの約276kmの海岸線にある合計103ヵ所の浜について調査を行い、幾つかの興味深いことが明らかになってきました。この研究結果の一部は、今後も年に1回開かれる日本ウミガメ会議で随時発表して行く予定です。また、研究所が発行している機関誌「CURRENT」にも掲載していますので、ぜひこちらもご覧下さい。

ウミガメの産卵状況については、各地で調査されている方々とも協力して調べています。